梅田 保険相談

【梅田駅周辺】保険相談人気ランキング!

 

梅田駅周辺にある、保険相談できるお店の人気ランキングです。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

 

保険見直し本舗は、40社以上の保険会社と提携をしている保険相談ショップです。生命保険、学資保険、医療保険、がん保険、損害保険など各保険商品の取り扱いがあります!

 

大手の日本の保険会社から外資系の保険会社まで取り扱いがあるので、保障の手厚い保険から保険料の安い保険まで、一人ひとりにあったぴったりの保険が見つかるでしょう。

 

保険相談はもちろん無料です!何度でも相談OKです。

 

梅田駅周辺には2店舗あります。
東梅田駅徒歩3分のところにある「保険見直し本舗 大阪店」と北新地駅駅から徒歩4分のところにある「保険見直し本舗 西梅田店」です。

 

梅田駅からは「保険見直し本舗 大阪店」の方が近くて、徒歩8分のところにあります。

 

くわしい場所は、公式サイトでご確認ください↓

 

⇒保険見直し本舗 公式サイトはこちら

 

 

保険のビュッフェ

 

保険のビュッフェは、提携をしている保険の専門家「ファイナンシャルプランナー(FP)」を無料で紹介してくれて、保険相談できるサービスです。もともとは自宅や喫茶店などで相談できる出張相談サービスですが、梅田駅から徒歩10分のところに相談スペースも構えているので、そこでも相談できます。

 

徒歩10分というのが遠ければ、梅田駅近くの喫茶店やあなたの自宅や周辺の喫茶店などでも相談可能です。

 

保険のビュッフェの相談実績はこれまで14万件以上と国内最大級!お客さん満足度も93%と高いです。
ファイナンシャルプランナーによる質の高い保険相談と、無理な勧誘もない保険相談が人気です。

 

相談は、生命保険、医療保険、学資保険、がん保険等に対応しています。
なお、相談するとお得な特典が付いてくるのも魅力です。

 

⇒保険のビュッフェ 公式サイトはこちら

 

 

Lifull(ライフル)

 

Lifullは、全国1200以上の保険相談ショップと提携をしている無料保険相談、予約サイトです。

 

全国のショッピングセンターや駅ビルなどに出店している保険相談ショップと多数提携をしているので、梅田駅周辺にある保険相談ショップも多数見つかります。

 

保険見直し本舗や保険のビュッフェと違い、出張相談サービスはなくショップでの相談のみになりますが、その分ショップは多数見つかるので、ショップでの相談がいい人はチェックしてみるといいでしょう。現在梅田駅周辺には、6店舗もの保険相談ショップが見つかります。

 

相談料は上記2つ同様、一切かかりません。1つの会社だけでなく複数の保険相談から話を聞きたい場合も予約が便利です。

 

⇒Lifull 公式サイトはこちら

 

 

 

【おすすめ!】梅田駅周辺での保険相談なら、「保険見直し本舗」

 

 

梅田駅周辺での保険相談なら、保険見直し本舗が一番のおすすめです!!

 

ここで、保険見直し本舗の特徴をご紹介します。

 

保険相談はもちろん、あらゆるサービスが無料

保険見直し本舗は保険の相談が無料なのはもちろん、保険加入の手続き、アフターフォロー、事務手数料、コンサルティング料も無料です。何度相談しても無料です。通常保険は、定期的に見直すのが安心できる保険に入り続けるためのポイントですが、保険見直しの相談や保険金の請求手続きのお手伝いも無料でしてくれるので、長く付き合うという意味でも便利です。

 

 

数ある保険会社からピッタリのものを提案

保険見直し本舗は、40社以上もの保険会社商品を取り扱っているので、自分にあったぴったりの保険を見つけることができます。自分一人で保険を選ぼうとすると、40社以上から比較するのは大変ですし、違いやメリット・デメリットを見つけるのは難しいです。また時間もかかってしまいます。保険見直し本舗のスタッフがぴったりの保険を紹介してくれたり、保険ごとの違いやメリット・デメリットも説明してくれるので便利です。

 

 

子供連れでも安心!キッズスペース完備

保険見直し本舗のほとんどの店舗にはキッズスペースがあります。保険相談はどうしても時間がかかってしまいがちです。1時間以上に及ぶこともあります。子供といっしょに来店しても相談場所から目の届く所にキッズスペースが用意されているので安心できると思います。また、店舗スタッフがお子さんの相手をしてくれる場合もあるようです。

 

 

出張保険相談も可能!

保険見直し本舗は一部離島を除いて出張保険相談も対応しています。妊娠中や子供が小さい人、梅田まで遠い人など出張保険相談を利用してみてもいいでしょう。自宅や近くの喫茶店、職場近くの喫茶店などでも相談はできます。出張料もかからず何度相談しても無料でできます。

 

 

しつこい勧誘一切なし

保険の相談で1つ心配になるのは、しつこい勧誘をされるのではないか?ということだと思いますが、保険見直し本舗では一切しつこい勧誘はありません。保険見直し本舗では営業方針として、しつこい勧誘行為を禁止しています。また、何度も断らなければならないようなしつこい営業電話もその後かかってくるようなことはありません。気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒保険見直し本舗 公式サイトはこちら

 

 

 

その他の、梅田駅周辺の保険相談ショップリスト

 

 

大阪の梅田駅周辺には多数の保険無料相談ショップがあります。
保険テラスや保険クリニック、ほけん百花、ほけんの窓口、ゼクシィ保険ショップ、保険見直し本舗、保険市場といった複数の保険会社商品を取り扱う保険代理店だけではなく、日本生命や太陽生命、第一生命などといった国内生命保険会社の梅田支店もあったりします。

 

おすすめの保険相談ショップは上記で紹介した3つですが、念のためその他のショップもご紹介しておきます。

 

梅田駅周辺で複数の保険会社を扱う保険相談ショップです。

 

・【保険テラス】
店舗名:保険テラス グランフロント大阪店
住所:大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ショップ&レストラン北館5F
アクセス:JR大阪駅、地下鉄御堂筋線梅田駅
営業時間:AM10:00〜PM9:00(定休日:年中無休)

・【保険クリニック】
店舗名:保険クリニック 梅田店
住所:大阪府大阪市北区芝田2−7−18オーエックス梅田新館 2階
アクセス:大阪駅(梅田駅)近くのヨドバシカメラから北へ200メートルほど進むと、左手にガソリンスタンドがあり、その隣のビル(1階にドトールコーヒー・ファミリーマートがあります)の2階です。 ■ JR 大阪駅/阪急 梅田駅より徒歩2分
営業時間:平日10:00-18:00 土日10:00-17:00(定休日:不定休 (GW・お盆・年末年始休暇休業あり))

・【ほけん百花】
店舗名:ほけん百花 ホワイティうめだ店
住所:大阪府大阪市北区角田町梅田地下街2−8ホワイティうめだノースモール2
アクセス:大阪市営地下鉄「梅田駅」徒歩2分
営業時間:10:00〜21:00(定休日:なし(年末年始の一部除く))

・【ほけんの窓口】※3店舗あり
店舗名:ほけんの窓口 梅田阪急ビル支店
住所:大阪府大阪市北区角田町8番1号梅田阪急ビルオフィスタワー 29F
アクセス:JR「大阪駅」徒歩 約4分、東西線「北新地駅」徒歩約8分、御堂筋線「梅田駅」徒歩約2分、四ツ橋線「西梅田駅」徒歩約6分
営業時間:10:00〜21:00(定休日:なし)

 

店舗名:ほけんの窓口 大阪駅前店
住所:大阪府大阪市北区梅田1−12−17梅田スクエアビルディング16F
アクセス:JR「大阪駅」すぐ梅田スクエアビルディング内
営業時間:平日 11:00〜20:00 土日祝日 10:00〜19:00(定休日:なし)

 

店舗名:ほけんの窓口 大阪梅田店
住所:大阪府大阪市北区梅田2−5−4千代田ビル西館 1F
アクセス:JR「北新地駅」地下鉄「西梅田駅」、JR「大阪駅」、阪神電車「梅田駅」、阪急電車「梅田駅」
営業時間:10:00〜19:00(定休日:なし)

・【ゼクシィ保険ショップ】
店舗名:ゼクシィ保険ショップ 梅田店
住所:大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー30階
アクセス:JR「大阪」駅徒歩4分、阪急・阪神・地下鉄「梅田」駅徒歩3分
営業時間:平日/12:00 〜 20:00 土・日・祝日/11:00 〜 19:00

 

ただ、当サイトでは「保険見直し本舗」をおすすめします。

 

アドバイザーの提案力や、商品の取扱数これまでの実績が他より違います。

 

子育て世代から、定年を迎えた世代まで、どのような保険相談も対応可能です。

 

⇒梅田の保険見直し本舗をチェック

 

 

 

保険の見直しは、保険に詳しいプロのアドバイザーへ

 

 

生命保険を見直す際は、保険に詳しいプロのアドバイザーに相談した方がいいです。その理由を以下でお伝えします。

 

1.自分に最適な保障内容が理解できる

「とりあえず保険には加入しているけど、どこをどう見直したらいいの?」
「保険料は問題ないけど、保障内容は足りているのかな?・・」

 

などなど、保険を見直す際には様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。

 

保険はとても難しい金融商品です。

 

保険に詳しくない人では、”どのように見直すのが正解か””自分に最適な保障内容とは何か”など理解するのは難しいでしょう。

 

 

保険に加入している多くの方は、現在加入している保険に入る際は、担当者からの説明は受けてはいるものの、内容をよく理解しないまま契約してしまっています。

 

また、保険会社の営業員の多くは離職率が高い為、保険業界歴は浅く、保険にたいして詳しいわけでもなく、営業のノルマを達成するために、保険加入を促しているのが実情です。

 

そのため、万一のときにちゃんと助かる保障内容になっている人は少ないものです。

 

だからこそ、一度保険に詳しいプロのアドバイザーに相談してみるのが得策といえます。

 

プロのアドバイザーなら、自分に最適な保障内容が理解でき、失敗しない保険選びをすることができます。

 

・あなた万一死亡した場合、遺族が生活するためにいくら必要なのか?
・突然の病気にそなえて、どのくらいの保障があれば安心なのか?
・家族構成や今後のライフプランに応じた、必要保障額は? etc..

 

といった疑問もあるでしょうが、これらはアドバイザーが教えてくれますし、素人では気づかないポイントを指摘してくれます。

 

保険は加入するなら、万が一の時に役に立たなければ意味がありません。保険の加入で、守るべきものをしっかりと守り、安全を確保することが第一です。

 

 

2.保険の仕組みや保険証券の見方が理解できる

 

保険の知識の乏しい素人が、自分の契約している保険の内容を理解不足が生じることは先にも述べました。

 

それを踏まえた上で、ずらずらと説明が書き綴られた文言を読むのはなお、抵抗を感じることでしょう。

 

この状況では保険証書の意味が分からないと思います。

 

ご自身が加入・契約している保険証書の見方や、保険の仕組みを知らないまま契約している方がほとんどかと思います。

 

保険は、住宅の次に高額な買い物なので、じっくりと検討することが必要になってきます。

 

分かりにくい保険の仕組みを独学で学ぶのは大変です。
プロのアドバイザーなら、分かりやすい言葉で納得のいくまで説明を受けることができます。

 

あなたの保険証券の見方も教えてもらえます。契約内容の確認や保険の仕組みを学習することができます。
学習することで、保険に対しての知識を備えることができるので、アドバイザーの言いなりになるのではなく、ご自分の意見を持って、相談することもできます。

 

3. 自分に本当にあった保険見直しプランが作成できる

 

保険に詳しくない方が保険の見直しをするのは、本当に困難なことです。

 

現在、契約している保険の証券、保険内容とその他各社の資料請求をし比較することが、大変な作業です。

 

保険会社・保険料・保障内容すべてを総合的に判断をして自分に合ったプランを作るのは、かなり難しいものなのです。

 

ただ、プロのアドバイザーは、最新の情報・知識も持っているので、それぞれの保険会社の内容を組み合わせ、「いいとこどり」をしたような、あなたに最適なプランの構築することができます。

 

⇒上記3つを満たしたプロのアドバイザーに相談できるのがこちら

 

 

保険の見直しを検討した方がいい時期

 

 

生命保険に加入するというのは一種のお守り的な要素もあります。そのため、もし金銭的に余裕が少しでもあるのであればぜひ加入しておいた方がよい物です。

 

しかし、生命保険は支払総額を長い目で見ると、膨大な金額であり、住宅ローンと並ぶぐらいの負担になるとも言われています。ですので、ライフステージに合わせて必要となってくる生命保険の内容が異なってくるため、定期的に見直しすることも重要です。

 

せっかく高い料金を払うのなら、適切な生命保険に加入して安心・安全に生きていきたいものですね。それでは生命保険の見直しを定期的に行うべき時期についてお伝えします。

 

(1)就職した時(独身時代)

 

独身時代のときは、就職した時、または就職してから保険の見直しをしていない場合、見直しが必要です。

 

見直しのポイント
・また親元で暮らしている場合

 

住んでいる市町村によって異なるのですが、大体は中学3年生の15歳までは医療費を助成してくれている自治体が多いですし、親元で暮らしている方が多いと思います。

 

ですので、万が一のことがあったとしても自治体や親からの援助でなんとか乗り切ることができる人は多いでしょう。

 

しかし、就職すると同時に親から経済的に独立しなければならないため、この時期に一度生命保険の見直しを行った方が良いです。

 

親がかけてくれていた保険がある人もいると思いますが、保障内容が不十分であることが多いので、ぜひ就職の際には、見直しを行ってください。

 

 

・一人暮らしをしている場合

 

就職し始めた頃は貯蓄もないため、万が一入院となった場合に医療費を支払う余力もないと思います。

 

死亡保障は葬儀が行える金額程度にし、医療保険を重点的にすると良いでしょう。

 

しかし、1ヶ月にかかった医療費の自己負担額が規定の上限を超えた場合は「高額療養費制度」というものを使うことができますので、過剰な保障は必要ないでしょう。

 

オススメは掛け捨ての終身医療保険です。保険料が安く、契約時の金額のまま死亡するまで保障してくれます。

 

膨大な医療費がかかる先進医療特約もつけておくとなお良しです。

 

(2)結婚・出産した時

結婚・出産した時は必ず生命保険を見直すようにしましょう。

 

見直しのポイント
・片働きの場合

 

片働きで妻が専業主婦の場合は、大黒柱である夫に重点的に保障を手厚くする保険に加入してください。

 

もし夫に万が一のことがあった場合、働けなくなり、一家の収入源は途絶えてしまいますが、医療費・生活費はかかってきます。そのような場合に家族の生活を守るためにも保険の加入が必要です。

 

医療保険だけでなく、就業不能時に保険がおりるタイプのものにも加入するといいでしょう。

 

がんなどの特定の病気にかかった場合は、それ以降は保険料の支払いなく保障は続くというタイプの保険もあります。

 

・共働きの場合

共働きの場合は、どちらにも手厚く保険に入るのがおすすめです。
しかし予算もあるかと思いますので、まず優先順位をつけて医療保険・死亡保険・就業不能時の保険・がん保険など加入を検討しましょう。

 

 

・夫が自営業の場合

夫が自営業の場合は、会社員の夫と比べて公的な手当や年金の額も少ないと言われていますので、より手厚い保障が必要になってきます。

 

今の時代、核家族化が進んでいますので、専業主婦である妻が倒れたとしても助けてくれる人がいないという家庭も少なくありません。
ですので、万が一専業主婦の妻が倒れてしまったら家事サポートサービスを受けることになると考えられる場合は、妻にも就業不能時の保険に加入することをオススメします。

 

夫ほどは手厚い保障内容にはしなくてもいいでしょう。

 

 

・学資保険について

昔に流行っていた学資保険は今は還元率があまり良くないです。

 

保険を支払う夫や妻が亡くなった場合はそれ以降の保険支払いが必要なくなり、保障はしてくれるという利点はありますが、今の時代であれば利率の良い死亡保険に入るというのも1つの手です。

 

 

(3)子供が巣立った時

 

子供が学校を卒業し、無事就職したときも保険を見直す時期です。子供のために掛けていた保険が不要になったり、子供の事を考えて入っていた保障が不要になります。

 

見直しのポイント
・個人年金保険の加入を検討しよう

結婚・出産した時に就業不能時に保障してもらえる保険に加入していた場合は、見直した方が良いです。

 

子供にかけていたお金を老後の資金へ回すのも1つかと思います。今度は個人年金保険に加入を検討してみてください。

 

年金を受け取る年齢がどんどんと引き上げられ、年金の額はどんどんと引き下げられていますので、年金だけでは老後の生活は安泰とは言えない状況になっています。

 

自分の時間を大切にするためにも個人年金保険は必要になっているのです

 

 

・死亡保障の見直し

 

万が一死亡してしまったときは、子供を育てなければいけない時期と比べると必要になってくる金額はドンと下がります。ですので、死亡保障はお葬儀代くらいの200〜300万円程度あれば良いでしょう。

 

 

 

保険を見直す際に注意したいこと

 

 

上記で説明したとおり、生命保険は見直すタイミングは定期的にあります。簡単に言えば、結婚、出産、離婚した時など、家族構成に変化があった時です。

 

また家族の年齢によるファミリースタイルによる違いによっても保険の見直しや、その年代でニーズにあった、個人にマッチした保険が必要となります。

 

そのような時、生命保険を見直す際には注意したいポイントがいくつかあります。

 

1. 保険種類を見直そう

まずはじめに保険の種類ですね。そもそも”契約中の保険内容でいいのか”ということです。

 

保険というのは万が一の時の為に用意しているものです。その万が一の時に使えない契約内容では、何のために加入しているのか意味がありませんし本末転倒です。いざという時に困ることのないような種類を選ぶことが必要となります。死亡保険、終身保険、学資保険など、何のためにその保険に入るかを見直すことが必要になります。

 

 

2. 保障金額を見直そう

 

保険というのは、保障金額を高めに設定すれば保障が手厚い安心した内容で組むことができます。

 

しかし、高めに設定したり、特約条件を何でもかんでも付けてしまうと保険料の負担が重くのしかかることになります。

 

保険料は毎月(毎年)払うものですから、普段の生活において負担になるようでは問題です。仮に経済状況の悪化により途中解約となってしまった場合には、大きな損になってしまいます。

 

大切なことは自分の資産状況や生活に合った保障金額を選ぶことで、決して無理する必要は全くないということです。検討しなければならないのは、家族全員が現在の生活を維持する為の最低限の資産額です。

 

突然、一家の大黒柱を失った場合に、どの程度まで保険で賄うのかということにもなります。そのバランスの見極めはそれぞれで当然変わってきますので、最も難しいところではあります。

 

その判断は、プロのアドバイザーに意見を参考にしてみるのが無難でしょう。

 

 

3. 保障期間を見直そう

 

保障期間も見直しを検討する上で、重要な要素となります。

 

最も気をつけないといけないことは、必要な保険期間より短期間の保障しか用意していない場合です。

 

生命保険は、加入したときの年齢が高いほど、支払わないといけない保険料も高くなります。

 

そのため、保障期間が終わった後も保障が必要になった時に、新しい保険に加入しようとすると、当然年齢を重ねていますから、年齢を重ねた分だけ高い保険料を払うことになります。

 

最初の保険料が安い更新型の保険は要注意です。更新する場合に保険料が高くなってしまうからです。

 

やはり分からない場合は保険のプロに相談するのが安心です。

 

⇒保険のプロのアドバイザーへ相談なら

 

 

 

 

 

このように梅田駅周辺には保険を比較検討することができる、たくさんの保険ショップがあります。それに加え、来店型ではなく訪問型の保険相談サービスも利用することができます。保険マンモスや保険のビュッフェなのです。梅田駅のどの保険ショップも立地はいいです。仕事帰りに保険相談しに行ったり、土日や祝日などの休日に家族で来店することもできますね。キッズスペースも整っているショップがほとんどなので、小さいお子さんを連れて保険相談することも可能です。どうしても保険の見直しには相談時間がかかってしまいますから、おもちゃや絵本が置いてあるキッズスペースがあれば十分な時間を使って保険相談することができるでしょう。上記で取り上げた保険相談ショップは数々の保険会社の取り扱いがあります。アクサ生命やアフラック、AIG富士生命、オリックス生命、ジブラルタ生命、ソニー生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 、東京海上日動あんしん生命、フコク生命、三井住友海上あいおい生命、三井生命、メットライフ生命、メディケア生命、ライフネット生命等数十社の取り扱いがあるところがほとんどなので、中立的な立場押し売り・勧誘なく無料相談できるのは魅力的です。保険種類も生命保険や学資保険、終身保険、個人年金保険、子供保険、医療保険、傷害保険などあるので、保険全体のバランスを考えてプランを作ってくれますし、保険のかさばりをなくすこともできますね。乗合代理店で無料相談することは保険会社に直接相談するよりも満足度が高いケースが多いです。必要な知識を持った保険アドバイザーが無料相談に乗ってくれますし、ライフプランなどをじっくりヒアリングしてくれる会社が多いからではないでしょうか。あなたも梅田にある保険ショップを使い無駄のない、満足いく保険選びをできることを望みます。