白内障の手術代を保険でカバーできた

県民共済の、総合プランに医療特約を付けたものに加入しています。月々保険料は、3千円で、安いイメージの保険です。今まで利用したことがなかったのですが、今回、初めて利用させていただきました。

 

最近、足元が見えなくて、お茶つぎもこぼれてしまうし、おかしいなあ、と思っていました。娘が、土曜日に、眼科に行こう、と言ってくれたので、手を引かれて、近くの眼科に行ってみました。視力を測られた時、気付いたことは、全く見えない、ということでした。眼底写真も撮ったあと、医師からは、「典型的な白内障です。すぐ手術が必要なぐらい悪いです。」と言われ、物凄くショックでした。

 

2週間後ぐらいに、手術をしたのですが、手術代の支払は現金でした。片目が6万円で、両方で12万円でした。その時は、現金で払いましたが、月末の支払に影響してしまいます。そこで思い出したのが、保険でした。受け答えが、不安だったので、娘にお願いし、白内障の手術代が出るかどうか、聞いてもらいました。県民共済では、白内障の手続きは、前例が多く、両目分と言っただけで、12万円の手続きをしてくれたそうです。保険の請求書を、本部で作り、記載もされている状態で、送付していただき、私は印鑑を押しただけでした。手術をした証明書とその請求書を送り返し、お金はすぐに振り込まれました。すべての手続きに3日でできました。

 

保険に入っていて、とても助かりました。いざという時のために、やっぱり、加入していて良かったと、思っています。