生命保険の受取人の配分について

私が独身時代に加入していた保険会社に結婚と同時に主人も一緒に加入しました。
もちろん結婚に伴って保険内容もしっかり見直してもらいました。
終身保険や医療保険など最低限必要な保険の種類を紹介説明してもらい、ベストなものにしてもらいました。
そこで私が1番悩んだ事が受取人の配分についてです。
もちろん主人の契約の方では何かあった場合には全て受取人は私の名義にしてくれています。
問題は私の契約の方で、ほぼ主人の名義なんですが何割かは受取を母親名義にすることにしました。
独身時代は受取人を母親名義にしていました。私は両親が離婚してからずっと母親と弟と3人で暮らしてきました。辛い状況の中、女手一つで育ててもらった事もありどうしても母親の名義を外すことができませんでした。でもそれは主人も承諾してくれています。
結婚当時は6:4くらいの割合で主人が高い方にしていました。
翌年、契約内容の確認の際にプランナーさんから配分の変更もいつでもできますのでと話しを頂きました。この時に聞いてみると結婚当初はまだ旦那さんよりお母さんの方が気持ちが強いので、配分も高めになりますが結婚年数が経ってくると旦那さんの割合の方が高くなっていく方が多いですと。
確かに私も若干そんな考えになっていました。そしてわずかですが割合を7:3に変更しました。しばらく変えるつもりは無いですが、きっとまた悩む時がくるんだろうと思っています。