永い闘病生活に備えるための保険

もしもの時に備えておきたい「がん保険」。しかし、医療保険に加入しているなら、がん保険にわざわざ加入しなくても良いのでは…とお考えの方も多くいらっしゃいます。医療保険はあらゆる病気や怪我を保障される保険ですが、がん保険はがん治療に備えるための保険です。保障内容が重複する場合も出てきますが、根本的に違う保険なのです。最も大きな違いは、がん診断給付金と放射線治療、抗がん剤治療に対する保障です。がんの場合は退院した後も通院する場合が多く、治療に永い年月を要します。がん保険では通院の抗がん剤治療にも保障される保険です。また、がん診断給付金は、もしもがんが再発してしまった場合にも受け取りが可能です。がんと診断された際にまとまった一時金も受け取れるので、安心して入院の準備もできます。また、入院の給付金の支払いの限度日数もありません。もし入院が長引いてしまったときも、安心できます。がん保険はがんに対しての保障に特化しているため、保障額も大きくなっています。特にがんは退院後も治療が続く場合が多いです。そのため、今まで通りの仕事に復帰することが難しくなる場合もあります。手術で臓器を切除した場合には、体力も大幅に落ちてしまいます。がんは医療費に注目しがちですが、収入の保障も考え保険を選ぶことをおすすめします。